小説 刻の氏神 佐木呉羽著 文芸社

「鳥取荒神神楽研究会副会長が小説を出版!!」

神様を馬鹿にするのは許さない!

だって、とっても大切な友達だから。
恋愛には鈍感、神様には敏感という女子高生の真那。
イケメン男子に想いを寄せられ
取り巻き女子に恨まれて、平穏な日常が遠ざかる。

神様、どうしたらいいの?

あらゆる縁(えにし)が導くスピリチュアルファンタジー小説。

真那を見守る厳しくも優しい神様。
高校生になり出会った涼介。
その縁は、いったいいつから続くものなのか。
恋愛とは縁遠かった
自分の心の変化に戸惑い、
悩みながらも感謝を忘れず、
素直な心で行動する真那が出した答えとは---。

鳥取荒神神楽研究会福会長が書いた渾身の一冊。
はじめての出版は文芸社からです!

ご購入いただいたみなさまには、本へ直筆サインをさせていただきます!

また、作者の佐木呉羽こと柏平紗希のポストカードを同封させていただきます!

◆四六版・並製・248ページ
◆定価(本体1000円+税)
◆文芸社

¥ 1,080

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円

※8,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。